スポンサーリンク

【香港】蘭芳園(ランフォンユン)のミルクティーとフレンチトーストがおすすめ!

香港

蘭芳園は1952年創業のミルクティー有名店

こんにちは、Annjuです☺︎

香港島の中環(セントラル)にある香港ミルクティーの有名店『蘭芳園(LAN FONG YUEN/ランフォンユン)』に行ってきました。1952年創業の老舗で茶餐廳の元祖ともいえるお店です。

創業当時は戦争が終結したばかりでとても貧しく、写真に映っている屋台だけで営業していたよう。「商売ができればいいほう」と呼ばれる時代の中「品質第一」で続けてきたそうです。

ちなみに「茶餐廳(チャーチャーンテーン)」とは、香港やマカオ、中国広東省で一般的な喫茶と軽食を兼ねた飲食店のこと。茶餐廳は東京の飯田橋でも体験できます。↓↓

4年前に表の屋台でミルクティーだけテイクアウトしたときは、なぜかおばちゃんにキレられた(中国語で喋ったから?)のであまりいい思い出はなかったのですが、今回はどうしてもフレンチトーストを食べたくて恐る恐る店内へ……。

屋台裏の奥にある店内入口で英語で人数を伝えると、何事もなく案内されてホッとしました(笑)

蘭芳園の香港式ミルクティーを楽天市場で購入



店内と店員さんの雰囲気

テーブルに立てかけてあった写真付きメニューで、香港式ミルクティーとフレンチトーストを指差し注文。店内席数はあまり多くないので、香港文化の相席は当たり前になります。

それにしても、香港の若者からご年配の方までが同じ場所に同じもの求めて集うってすごくないですか……?(香港の地元密着型の老舗強い)外国のお客さんもチラホラいらっしゃいました。

次に目に入ってきたのが、冒頭で紹介した屋台の裏側!今も調理場として機能しており、4種の茶葉を布袋で何度も瀘していれる、蘭芳園の有名なミルクティーが次々と出来上がります。

また、左側に見切れている番台カウンターはお会計レジになっていました。1人で注文用紙を1枚ずつ計算していて、お会計を間違えないのか見ていてヒヤヒヤします(笑)

さらに店内の調理場では、店員さん2人がフードメニューを担当していました。とんでもなく忙しなかったですが、みんなイキイキ働いていて「生きてます」って感じがとてもステキでした!!!!

そうこうしていると私のフレンチトーストが登場。

そのままテーブルまで運ばれてくるかと思いきや、なんだか大きい黄色のバケツを経由。目を凝らしてよく見たらなんとバターでした!(こんな容器に入ったバター人生ではじめて見た)


蘭芳園のおすすめメニュー

注文から10分ほどで、注文した香港式ミルクティーとフレンチトーストが到着。あわせて$50(約845円)なので、なんだかんだでスタバと同じくらいの相場でしょうか?

フレンチトーストはメープルシロップをかけていただきますが、固まったシロップで受け皿からボトルを取れず、店員さんの力を借りて共同作業でシロップをかけました(笑)

どうしても食べたかったフレンチトーストは油で揚げられており、バターとメープルシロップでじゅぶじゅぶに!とんでもないカロリー爆弾ですが、その分とんでもなくおいしかったです!(笑)

激甘ですが、ミルクティーが甘さ控えめで上品な味なので、セットで注文すれば最高コンビ。ちょうどいいバランスでパクパクと食べられてしまいます。

日本ではなかなか食べられない「まさに香港ならではの味だな〜」と思いました。香港に来たら必ずまた来たいと思います!

蘭芳園の香港式ミルクティーを楽天市場で購入



蘭芳園の店舗情報とアクセス

・中環店

店名蘭芳園 中環店
電話番号+852 2544 3895
住所(所在地)2 Gage St, Central, 香港
アクセス中環駅から徒歩約8分
営業時間7:30~18:00
定休日日曜日
公式HPhttps://www.hklanfongyuen.com/en/

・尖沙咀店

店名蘭芳園 尖沙咀店
電話番号+85223162311
住所(所在地)44 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, 香港
アクセス尖沙咀駅から徒歩約1分
営業時間10:30~18:00
定休日なし
公式HPhttps://www.hklanfongyuen.com/en/
スポンサーリンク

【香港】蘭芳園(ランフォンユン)のミルクティーとフレンチトーストがおすすめ!

香港

蘭芳園は1952年創業のミルクティー有名店

こんにちは、Annjuです☺︎

香港島の中環(セントラル)にある香港ミルクティーの有名店『蘭芳園(LAN FONG YUEN/ランフォンユン)』に行ってきました。1952年創業の老舗で茶餐廳の元祖ともいえるお店です。

創業当時は戦争が終結したばかりでとても貧しく、写真に映っている屋台だけで営業していたよう。「商売ができればいいほう」と呼ばれる時代の中「品質第一」で続けてきたそうです。

ちなみに「茶餐廳(チャーチャーンテーン)」とは、香港やマカオ、中国広東省で一般的な喫茶と軽食を兼ねた飲食店のこと。茶餐廳は東京の飯田橋でも体験できます。↓↓

4年前に表の屋台でミルクティーだけテイクアウトしたときは、なぜかおばちゃんにキレられた(中国語で喋ったから?)のであまりいい思い出はなかったのですが、今回はどうしてもフレンチトーストを食べたくて恐る恐る店内へ……。

屋台裏の奥にある店内入口で英語で人数を伝えると、何事もなく案内されてホッとしました(笑)

蘭芳園の香港式ミルクティーを楽天市場で購入



店内と店員さんの雰囲気

テーブルに立てかけてあった写真付きメニューで、香港式ミルクティーとフレンチトーストを指差し注文。店内席数はあまり多くないので、香港文化の相席は当たり前になります。

それにしても、香港の若者からご年配の方までが同じ場所に同じもの求めて集うってすごくないですか……?(香港の地元密着型の老舗強い)外国のお客さんもチラホラいらっしゃいました。

次に目に入ってきたのが、冒頭で紹介した屋台の裏側!今も調理場として機能しており、4種の茶葉を布袋で何度も瀘していれる、蘭芳園の有名なミルクティーが次々と出来上がります。

また、左側に見切れている番台カウンターはお会計レジになっていました。1人で注文用紙を1枚ずつ計算していて、お会計を間違えないのか見ていてヒヤヒヤします(笑)

さらに店内の調理場では、店員さん2人がフードメニューを担当していました。とんでもなく忙しなかったですが、みんなイキイキ働いていて「生きてます」って感じがとてもステキでした!!!!

そうこうしていると私のフレンチトーストが登場。

そのままテーブルまで運ばれてくるかと思いきや、なんだか大きい黄色のバケツを経由。目を凝らしてよく見たらなんとバターでした!(こんな容器に入ったバター人生ではじめて見た)


蘭芳園のおすすめメニュー

注文から10分ほどで、注文した香港式ミルクティーとフレンチトーストが到着。あわせて$50(約845円)なので、なんだかんだでスタバと同じくらいの相場でしょうか?

フレンチトーストはメープルシロップをかけていただきますが、固まったシロップで受け皿からボトルを取れず、店員さんの力を借りて共同作業でシロップをかけました(笑)

どうしても食べたかったフレンチトーストは油で揚げられており、バターとメープルシロップでじゅぶじゅぶに!とんでもないカロリー爆弾ですが、その分とんでもなくおいしかったです!(笑)

激甘ですが、ミルクティーが甘さ控えめで上品な味なので、セットで注文すれば最高コンビ。ちょうどいいバランスでパクパクと食べられてしまいます。

日本ではなかなか食べられない「まさに香港ならではの味だな〜」と思いました。香港に来たら必ずまた来たいと思います!

蘭芳園の香港式ミルクティーを楽天市場で購入



蘭芳園の店舗情報とアクセス

・中環店

店名蘭芳園 中環店
電話番号+852 2544 3895
住所(所在地)2 Gage St, Central, 香港
アクセス中環駅から徒歩約8分
営業時間7:30~18:00
定休日日曜日
公式HPhttps://www.hklanfongyuen.com/en/

・尖沙咀店

店名蘭芳園 尖沙咀店
電話番号+85223162311
住所(所在地)44 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, 香港
アクセス尖沙咀駅から徒歩約1分
営業時間10:30~18:00
定休日なし
公式HPhttps://www.hklanfongyuen.com/en/

コメント

タイトルとURLをコピーしました